設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

2014年8月号

第2部 事例

現代の“真空管”が分析装置の高度化を支える

ガラス+金属[鬼塚硝子]

木崎 健太郎,近岡 裕=日経ものづくり
2014/08/08 00:00
出典:日経ものづくり、2014年8月号 、p.49 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 ガラスと金属の接合で難しいのは、くっつくかくっつかないかというより、ガラスが極めてもろい性質を持つことだ。単純にくっついただけでは、線膨張係数の違いによって接合部付近のガラスにひずみが生じて、すぐに割れてしまう。接合していないのと同じ結果だ。

 鬼塚硝子(本社東京都青梅市)は、現在知られているガラスと金属の接合は「ほとんど何でも手掛けられる」(代表取締役社長の鬼塚好弘氏)という(図A)。経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業「ナノテク応用機器開発に資する硝子を用いた真空維持技術の高度化」にも参加するなど、その技術力で知られる1)。現在では、高度な分析機器に用いるX線発生装置に10-6~10-8Paといったレベルの高い真空が必要であり、そのための真空管の実現をガラスと金属などの接合技術の発展が牽引しているといわれる。

図A●鬼塚硝子が手掛けるガラスと金属の接合品
(a)は真空管の電極で、現在では分析装置用のX線管、電子線管などに用いる。(b)はガラスとコバールを用いたX線受像管。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経ものづくり購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経ものづくり定期購読キャンペーン