• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 東芝が低電力STT-MRAM、MPUキャッシュへ道開く

日経エレクトロニクス 2014年7月7日号

NEレポート

東芝が低電力STT-MRAM、MPUキャッシュへ道開く

「VLSIシンポジウム」に新原理の不揮発性メモリーが相次ぐ

  • 大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
  • 2014/07/15 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年7月7日号、pp.16-17(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

東芝のSTT-MRAM(写真:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、マイクロプロセッサーに混載するキャッシュメモリーとして、業界最高の性能を実現するというSTT-MRAM(スピン注入磁化反転型MRAM)を開発した(図1)。キャッシュ用SRAMに比べて消費電力が60%減る。詳細を「2014 Symposia on VLSI Technology and Circuits」(2014年6月9~13日)で発表した。

『機器開発者のための人工知能入門』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


囲碁だけではありません。応用範囲を急速に広げつつある人工知能の発展を受けて、デジタル別冊「機器開発者のための人工知能入門」を緊急発行!今さら聞けない基礎知識を電子機器の開発者にわかりやすくお届けします!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ