• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 超低燃費タイヤの開発支えた、ブリヂストンの接地面可視化システム

日経ものづくり 2014年6月号

FOCUS

超低燃費タイヤの開発支えた、ブリヂストンの接地面可視化システム

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2014/06/06 00:00
  • 1/4ページ

出典:日経ものづくり、2014年6月号、pp.20-21(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 「ここまで計測できるシステムは世界にも類がない」─。走行時のタイヤ接地面の挙動を計測・可視化するためにブリヂストンが独自開発したシステム、それが「アルティメット アイ」だ(図1)。実際にタイヤを回転させて直進時や旋回時にトレッドパターンのどこにどんな力が加わっているかを計測できるシステムで、圧力の分布などを詳しく把握できることからトレッドパターンの最適化などが容易になる。

図1●ブリヂストンが開発したアルティメット アイ
タイヤを高速回転するドラムに接触させ、接地面の挙動を計測する。
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(5/20開催)
5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革



負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年5月20日
会場 : リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ