• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 製造業の3Dプリンター活用が節目に、「試作」から「実製品の製造」へ進化

日経ものづくり 2014年6月号

製造装置 3Dプリンターの実力第1部:いよいよ本丸へ

製造業の3Dプリンター活用が節目に、「試作」から「実製品の製造」へ進化

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2014/06/02 00:00
  • 1/10ページ

出典:日経ものづくり、2014年6月号、pp.36-43(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 試作向けの装置から実製品の製造装置へ─。3Dプリンターが新たなフェーズに入りつつある。

 国内では、ある自動車メーカーが内装部品などのカスタマイズを容易にできるようなコンセプトのクルマの市場投入を検討している。本誌の取材によれば、その製造方法として、3Dプリンターに注目しているという。実現すれば、市販車に3Dプリンターで造った部品が搭載されることを意味する。

 スマートフォンでも同様の動きが出始めている。米Google社が進めている新しいスマートフォンの開発プロジェクト「Project Ara」(図1)。特徴は、スマートフォンを構成するさまざまな機能をそれぞれブロック化し、ユーザーが自由に組み合わせて自分好みのスマートフォンを実現できること。これらのブロックの製造方法として念頭に置いているのが3Dプリンターである1)。実際、同社は大手3Dプリンター・メーカーの米3DSystems社と提携しており、従来よりも生産性が高い新しい3Dプリンターの開発が進められている。莫大な生産数量が見込めるスマートフォンの機能ブロックなどが3Dプリンターによって製造される時代が確実に近付いているのだ。

図1●米Google社が開発を進める「Project Ara」のスマートフォン
ブロック単位で組み上げることを想定している。米3D Systems社との提携によって生産性が高い3Dプリンターの開発も進められている。(出典:3D Systems社)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動車、スマートフォンに限らず、今後、3Dプリンターを実製品の製造手段として採用する企業はどんどん増えていく見込みである*1

*1 現在でも、3Dプリンターによって造った製品を販売する例はある。造形サービスや低価格3Dプリンターの普及などによって、個人レベルでモノを手に入れる手段として3Dプリンターの存在感が高まっている。それに伴って、インターネット上で3Dプリンター製の製品を販売するマーケットプレイスも増えてきた。既にアクセサリーやオフィス用品などでは3Dプリンター製のものが流通し始めている。3Dスキャンと組み合わせた自分フィギュアの作製サービスも増えている。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓