• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > Part.1:結果の分かれ目

日経Automotive 2014年7月号

ぶつからないクルマ実車試験Cover Story

Part.1:結果の分かれ目

高評価車はカメラを装着

  • 特別取材班=日経Automotive Technology
  • 2014/06/16 00:00
  • 1/8ページ

出典:日経Automotive Technology、2014年7月号、pp.44-49(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

今回評価したのは、停止車両および歩行者のターゲットに対する低中速域(主に20~50km/h)での衝突回避能力。車両だけではなく歩行者のターゲットを対象にしたため、特に歩行者の認識能力で差が付いた。高い評価を獲得したシステムでは共通してカメラを使っており、歩行者の認識にはカメラが有利。一方、赤外線レーザーやミリ波レーダーを使うシステムは歩行者に対応しておらず、評価が低く出た。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓