• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > SIM-Driveの新開発EV

日経Automotive 2014年7月号

Tech Report

SIM-Driveの新開発EV

モーターを軽く薄くして航続距離拡大

  • 小川 計介=日経Automotive Technology
  • 2014/06/06 00:00
  • 1/4ページ

出典:日経Automotive Technology、2014年7月号、pp.18-19(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 電気自動車(EV)開発ベンチャーのSIM-Driveは、4台目となる先行開発車両「SIM-HAL(シム・ハル)」を公開した(図1)。車輪に内蔵する駆動用モーターを軽く、高効率化することで、航続距離は404.1kmと先代のEVより2割延ばしたのが特徴(表1)。

図1 新開発した車両「SIM-HAL」
高効率モーターの採用などで車両質量を抑えて航続距離を2割延ばした。
[画像のクリックで拡大表示]
表1 新開発車両と先代の比較
車両質量を約5%(70kg)軽くした。先代通り乗員は2人。
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ