クルマ 自動車の最新技術を追う
 

2014年7月号

事例を基に現地化戦略のポイントを詳説 ほか

2014/07/10 00:00
出典:日経Automotive Technology、2014年7月号 、p.126 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
インドでつくる!売る!
先行企業に学ぶ開発・生産・マーケティングの現地化戦略
著者:須貝信一
発行:実業之日本社
価格:1600円(税別)
ISBN:978-4-408-11041-7
[画像のクリックで拡大表示]

 インドに進出した日系企業は、ボリュームゾーンを意識して、手ごろな価格の製品を作ってきた。いまやインド市場では、値ごろ感のある製品の開発がますます重要になっている。それでは、安くて品質の良い製品を作れば、必ず売れるのだろうか。

 本書はこうした問いへの答えを充実させた。インドビジネスに関するリサーチやコンサルティング、情報提供サービスなどを手がける筆者が、ホンダやヤマハ発動機、セイコーエプソン、カシオ、キヤノンなど先行企業の事例を基に、インド事業で成功するためのポイントを詳しく解説している。またTata Motors社の低価格車「nano」の失敗についても分析している。

 本書の鍵になるのが「現地化」というキーワードである。言い換えれば、製品を手ごろな価格にして、市場ニーズに応える戦略だ。「現地化という戦略はもはや、差別化要因や重要な成功要因などではなく、必須の戦略になりつつある」と筆者は言う。その視点で読めば、本書はインドにとどまらず、他の新興国における事業展開にも役立つといえる。

ここから先は日経Automotive購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経Automotive 定期購読キャンペーン 3大特典をプレゼント!