• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 性能から人間のシコウへ、変わりゆく半導体の進化軸

日経エレクトロニクス 2014年4月28日号

専門メディアの視点日経BP半導体リサーチ

性能から人間のシコウへ、変わりゆく半導体の進化軸

微細化終焉後の人間社会を展望する

  • 大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
  • 2014/05/08 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年4月28日号、p.20(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

位置付けが分かりにくい新技術の登場、一見不可解に見える組み合わせでの企業提携、未知の勢力の台頭─。SCR大喜利は、こうした理解しにくい出来事の背景や波及効果を、専門性や立場の異なる複数の識者が、それぞれどのように読み解き分けるのか、視点の違いを横並びで見せるコラムである。

 電子機器の進化を牽引してきた半導体の微細化技術が、限界を迎えようとしている。もし本当に微細化が止まったら、電子機器は何を基軸に進化することになるのか。さらに、人類社会にはどのようなインパクトを与えるのか。日経BP半導体リサーチのコラム「SCR大喜利」で、4人の識者が意見を出し合った(表1)。

表1 「微細化終焉後の人間社会を展望する」をテーマにしたSCR大喜利での回答
今回の回答者は、微細加工研究所 所長の湯之上隆氏、某半導体メーカーの清水 洋治氏、慶応義塾大学 特任教授の田口眞男氏、某ICT関連企業に勤務する「いち半導体部品ユーザー」氏の4人。
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ