設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

2014年5月号

第2部 メーカーに聞く

全部門一体化で最適車を企画・開発、世界の各市場ニーズに即応

ホンダ 山根庸史氏

2014/05/02 00:00
出典:日経ものづくり、2014年5月号 、pp.32-35 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
山根庸史氏●ホンダ 常務執行役員 日本四輪生産統括責任者 日本本部 四輪生産統括部長 兼 四輪生産統括部 生産企画統括部長(写真:栗原克己)

 「需要のある所で造る」。これがホンダの基本方針ですから、その方向性が変わることはありません。しかし、今後は世界の各市場でクルマを生産する動きを一層加速させます。

 日本国内の生産部門が担う役割の1つは、世界に向けて生産技術や製造技術*1を発信することです。この役割はこれからも強化します。しかし、海外への輸出基地という、もう1つの役割の方は縮小させます。

*1 製造技術 工場において既存の生産ラインや設備をベースに改善を加えることで生み出す製造に関する技術のこと。

ここから先は日経ものづくり購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経ものづくり定期購読キャンペーン