• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 半導体製造で逆転狙うキヤノン、ナノインプリントを実用化へ

日経エレクトロニクス 2014年3月31日号

NEレポート

半導体製造で逆転狙うキヤノン、ナノインプリントを実用化へ

5年前から、「ポストArF 液浸」目指して水面下で開発

  • 聞き手=野澤哲生、今井拓司
  • 2014/04/04 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年3月31日号、pp.10-11(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

インタビューに答えるキヤノン 副社長 CTOの生駒氏
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは2014年2月、ナノインプリントを基にした半導体製造技術(NIL)のベンチャー、米Molecular Imprints社(MII)を買収し、100%子会社にすると発表した。NILは判型に微細な凹凸パターンを施し、ウエハーに圧着することでレジストを微細加工する技術。10年ほど前から光リソグラフィに代わる技術として脚光を浴びたが、技術的な課題が多く、実用化が遅れていた。そうした中でキヤノンがMIIを買収したのはなぜか。決断の背景と今後の勝算を同社 代表取締役副社長 CTOの生駒俊明氏に聞いた。

NIL(nanoimprint lithography)=ナノインプリントをレジストのパターニングに用いる技術群。
『機器開発者のための人工知能入門』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


囲碁だけではありません。応用範囲を急速に広げつつある人工知能の発展を受けて、デジタル別冊「機器開発者のための人工知能入門」を緊急発行!今さら聞けない基礎知識を電子機器の開発者にわかりやすくお届けします!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ