クルマ 自動車の最新技術を追う
 

2014年5月号

三菱電機の自動車向け新技術

SiCインバーター内蔵のEV向けモーター
運転者の次の操作を推定して表示

清水 直茂=日経Automotive Technology
2014/04/04 00:00
出典:日経Automotive Technology、2014年5月号 、pp.16-17 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 三菱電機は2014年2月、同社の研究開発の成果を報道関係者に公開した。自動車向けの技術として注目を集めていたのが、炭化ケイ素(SiC)基板から作るスイッチング素子を搭載したインバーター内蔵のモーターと、カーナビゲーション装置などの操作を簡単にする技術である。

 電気自動車への搭載を想定したインバーターを内蔵したモーターの出力は60kW。形は円筒で、外形寸法は直径240mm、長さ313mmである(図1)。体積は14.1Lと小さく、2012年に発表した従来品と比べて、体積を約44 %減らした。三菱電機は「業界最小」をうたう。2018年ごろの実用化を目指す。

図1 インバーターとモーターを一体にして小型化
出力60kWでEV向け。インバーターにはスイッチング素子として、SiC基板から作るMOSFETとショットキー・バリア・ダイオードを使った。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経Automotive購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経Automotive 定期購読キャンペーン 3大特典をプレゼント!