• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > トヨタ自動車「ノア/ヴォクシー」

日経Automotive 2014年5月号

New Car Report

トヨタ自動車「ノア/ヴォクシー」

車体後部のプラットホームを新設計 室内空間広げて使い勝手高める

  • 林 達彦=日経Automotive Technology
  • 2014/05/15 00:00
  • 1/5ページ

出典:日経Automotive Technology、2014年5月号、pp.72-73(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 トヨタ自動車は、ミニバンの「ノア」「ヴォクシー」を全面改良し、2014年1月に発売した(図1)。排気量2.0Lのガソリンエンジンに加えて、同車として初めてハイブリッド車をラインアップに加えた。室内空間を広げるためプラットホームを新設計し、シートの使い勝手も高めている。

図1 トヨタ自動車「ヴォクシー」のエアロ仕様
写真のガソリン車の「ZS」グレードは最も押し出しが強い仕様。ハイブリッド車はバンパー下の開口部が小さい。
[画像のクリックで拡大表示]

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓