• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > テレビ空き周波数を通信に、スマホ向け可変フィルター

日経エレクトロニクス 2014年3月17日号

NEレポート

テレビ空き周波数を通信に、スマホ向け可変フィルター

東北大や村田製作所が新製造法で実現

  • 三宅 常之=日経エレクトロニクス
  • 2014/03/28 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年3月17日号、p.18(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

ワンチップ可変フィルター(写真:東北大学)
[画像のクリックで拡大表示]

 東北大学は、村田製作所、情報通信研究機構(NICT)、千葉大学と共同で、デジタルテレビ放送の空き周波数帯域(ホワイトスペース)を空き状況に応じて動的に選んで無線通信するためのワンチップ可変SAW(表面弾性波)フィルターを開発した。スマートフォンによるホワイトスペースの利用に道を開くことになる。

デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ