• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > [第4回]ハードとソフトの設計から、Zynqで動作させるまでの流れ

日経エレクトロニクス 2014年3月17日号

プログラマブルSoC設計入門

[第4回]ハードとソフトの設計から、Zynqで動作させるまでの流れ

  • 丸山 利広=ザイリンクス エンジニアリング本部
  • 2014/03/26 00:00
  • 1/9ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年3月17日号、pp.76-83(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

ARMプロセサとFPGAが1チップになったプログラマブルSoCは、用途に応じたさまざまな形の並列化処理の実装に最適なデバイスであり、今後のシステム設計において重要となる。連載第4回は、米Xilinx社のプログラマブルSoC「Zynq-7000」を例に、ソフトウエア/ハードウエア部分の設計から、協調デバッグまでの一連の流れを詳説する。(本誌)

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓