設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

2014年3月号

第1回:メカとエレキの連携

静電気への耐性もコンピューターで検証
機械と電気の両特性を同時に見る

鳥谷 浩志=ラティス・テクノロジー 代表取締役社長,新井本 昌宏=デロイト トーマツ コンサルティング マネジャー
2014/03/27 00:00
出典:日経ものづくり、2014年3月号 、pp.115-120 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
[画像のクリックで拡大表示]

 「若い頃、親子ほども年齢差のある生産現場の職人に文句を言われながら1つひとつ教わった」などと語るベテラン設計者は多い。生産現場などの後工程から設計部門へのフィードバックが多かったことを示すエピソードである。日本メーカーが得意とした、“擦り合わせ設計”による高品質製品の開発を支えた要因の1つであろう。

 多忙を極める現代の設計者は、生産拠点の海外移転などの影響もあり、生産現場に直接足を運ぶ機会が減っている。その代わり、3Dデータに基づいた設計の普及によって、従来よりも情報量の多い設計意図を他の部門に伝達・共有することが容易になっているとも言えよう。生産現場のベテランに限らず、さまざまな部門からのフィードバックを受けやすい仕組みが整ってきた、と見ることができる。

 この連載では、電気設計者、組み込みソフト開発者、生産技術者との3Dデータの共有を通して、設計品質の向上や設計意図のより的確な伝達を図っている企業の事例を紹介し、合わせてそれを実現する上でのポイントを解説していきたい。第1回は、機械(メカ)設計と電気(エレキ)設計の連携(いわゆるエレメカ連携)を3Dデータで実行しているシグマ(本社川崎市)の事例を中心に解説する。

ここから先は日経ものづくり購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経ものづくり定期購読キャンペーン