家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

2014年2月17日号

【第3部:合成/分離技術編】単層CNTが量産へ、分離技術も大きく進展

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2014/02/19 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2014年2月17日号 、pp.38-44 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

2014年2月、単層カーボンナノチューブ(CNT)の量産が日本でもようやく始まる。分離技術も大きく進展し、これまでできなかったことも実現可能になってきた。グラフェンでもバンドギャップ問題の解決が見え始めている。

 どのような炭素デバイスを実用化できるかは、CNTやグラフェンなど材料の品質と価格に大きく左右される。ここへ来てようやく、高い品質のCNTやグラフェンを低コストで入手でき、しかも特定のバンドギャップを備えた材料を選べるメドが立ち始めた。

ここから先は日経エレクトロニクス購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング