• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > [第2回]研究用と実用は思った以上に違うもんだな

日経エレクトロニクス 2014年2月3日号

原発事故に対処可能な災害対応ロボットの開発

[第2回]研究用と実用は思った以上に違うもんだな

  • 中島 募=日経エレクトロニクス
  • 2014/02/07 00:00
  • 1/5ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年2月3日号、pp.59-62(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

福島第一原発の建屋内に取り残された、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターの災害対応ロボット「クインス」1号機。ケーブル切断の原因は、急造した巻き取り装置だった。開発チームは、1号機で得られた知見を基に2号機と3号機の改良に取り組んだ。

(写真:千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター)
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓