• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
クルマ 自動車の最新技術を追う
 

2014年3月号

Part.2:トヨタとホンダがトップ競う

ガソリンエンジンが40%に迫る
ディーゼルでもダウンサイジング進む

鶴原 吉郎=電子・機械局編集委員
2014/02/25 00:00
1/6ページ
出典:日経Automotive Technology、2014年3月号 、pp.46-51 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

現在、ガソリンエンジンで最高水準の熱効率を実現しているエンジンは、摩擦損失の低減を徹底し、アトキンソンサイクルと高圧縮比を組み合わせる。こうした従来の延長線上で効率向上を図るメーカーがある一方で、排気量の縮小と過給技術を組み合わせる、いわゆる「過給ダウンサイジング」はこれまで国内メーカーでは例が少なかった。しかし、ここにきて採用が相次いでいる。

 Part1で紹介したように、現在ガソリンエンジンの最高効率を競うのはトヨタ自動車「クラウンハイブリッド」に搭載されている排気量2.5L・直列4気筒エンジンの「2AR-FSE」(図1)とホンダ「アコードハイブリッド」が搭載する排気量2.0L・直列4気筒エンジンの「LFA」(図2)である。

図1 トヨタ自動車の「2AR-FSE」エンジン
「クラウンハイブリッド」に搭載。排気量2.5L・直列4気筒で、最高熱効率は38.5%。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ホンダの「LFA」エンジン
「アコードハイブリッド」に搭載。排気量2.0L・直列4気筒で、最高熱効率は38.8%。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経Automotive購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【技術者塾】(2/22-23開催)
自動車のモジュール化 2日間実践セミナー

~演習主体で実践力を体得~


モジュラーデザインの第一人者・日野三十四氏による、自動車(自動車部品含む)に特化したモジュール化セミナーです。自動車の事例やテンプレートを基に、演習主体で学びます。設計手順書の作り方とモジュール化の実践的な進め方を習得できます。 詳細は、こちら
日時:2016年2月22、23日 10:00~17:00(両日とも)
会場:Learning Square新橋
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経Automotive 新春キャンペーン実施中