• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 第5回:Volkswagen社の開発体制

日経Automotive 2014年3月号

標準を利用した戦略的クルマづくり

第5回:Volkswagen社の開発体制

早期に部品メーカーを巻き込み 日の目を見ない開発をなくす

  • 長島 聡=ローランド・ベルガー シニアパートナー
  • 2014/03/14 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経Automotive Technology、2014年3月号、pp.100-101(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

ドイツVolkswagen社はモジュールアーキテクチャの実現に多くの工数をかけている。シナリオプランニングで将来を先読みし、製品ロードマップやモジュールアーキテクチャを構築し、競争力を長く保てるモジュールを開発している。

 Volkswagen社が採用した「MQB(横置きエンジン用モジュラーマトリックス)」は、車全体の60%を標準のモジュールの組み合わせでカバーし、車種ごとに開発する部分を40%に抑えることで、開発効率を大幅に高めるものだ。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓