• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 第5回:Volkswagen社の開発体制

日経Automotive 2014年3月号

標準を利用した戦略的クルマづくり

第5回:Volkswagen社の開発体制

早期に部品メーカーを巻き込み 日の目を見ない開発をなくす

  • 長島 聡=ローランド・ベルガー シニアパートナー
  • 2014/03/14 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経Automotive Technology、2014年3月号、pp.100-101(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

ドイツVolkswagen社はモジュールアーキテクチャの実現に多くの工数をかけている。シナリオプランニングで将来を先読みし、製品ロードマップやモジュールアーキテクチャを構築し、競争力を長く保てるモジュールを開発している。

 Volkswagen社が採用した「MQB(横置きエンジン用モジュラーマトリックス)」は、車全体の60%を標準のモジュールの組み合わせでカバーし、車種ごとに開発する部分を40%に抑えることで、開発効率を大幅に高めるものだ。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ