• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > RTD素子の性能が大きく向上、室温で1.42THzを発振

日経エレクトロニクス 2014年1月20日号

NEレポート

RTD素子の性能が大きく向上、室温で1.42THzを発振

テラヘルツ波の用途拡大に道

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/22 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年1月20日号、pp.12-13(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

東京工業大学 浅田研究室が試作した1THz前後で発振するRTD素子群
[画像のクリックで拡大表示]

 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 物理電子システム創造専攻教授の浅田雅洋氏の研究室は、室温で動作し、発振周波数が1.42THzの共鳴トンネル・ダイオード(RTD)素子を開発した。

デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ