技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

2014年1月号

[新年企画]あなたが社長なら

今こそ明確なビジョンで舵取りを
お手本1位は本田宗一郎氏

池松 由香=日経ものづくり
2014/01/21 00:00
出典:日経ものづくり、2014年1月号 、pp.70-73 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

日本経済は、2008年秋のリーマン・ショック前の水準まで景気を戻したと言われている。2014年を迎えた今、メーカーがどちらの方向に舵を切るかで今後の運命を大きく左右する可能性がある。そこで、「2014年元旦の朝、目覚めたら社長になっていた」と仮定して、技術者たちに自身の経営観について答えてもらった。そこで浮き彫りになったのは、ビジネスの浮き沈みの激しい現代だからこそ求められる経営者の姿勢だった。それは、「明確なビジョンを示せる社長」である。

Q1 どのような社長になりたいか

[画像のクリックで拡大表示]

 どのような社長になりたいかを聞いたところ、「明確なビジョンを示せる社長」が4割で最も多かった。2位は技術者らしく「技術的な先見の明に秀でた社長」(13.8%)。3位は「現場の声に耳を傾けられる社長」(12.6%)で、その逆の「現場と異なった目線で物事を見られる社長」(2.5%)に大差を付けた。実在の社長にもっと現場の声を聞いてほしいとの気持ちの表れか。

ここから先は日経ものづくり購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経ものづくり定期購読キャンペーン