クルマ 自動車の最新技術を追う
 

2014年1月号

第28回: 車車間通信の新提案

ホンダがスマホの無線LANを利用
スマホにDSRCを搭載するQualcomm社

清水 直茂=日経Automotive Technology
2014/01/23 00:00
出典:日経Automotive Technology、2014年1月号 、pp.93-94 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

車両と車両の間で無線の信号をやり取りする車車間通信。専用の通信機が必要で、これまで普及の道筋が見えなかった。ホンダと米Qualcomm社はそれぞれ、スマートフォンを使ってこれまでの課題を解決することを提案した。

 車車間通信を使うと、見通しの悪い交差点などでお互いの存在を伝えられる利点がある。ただその性質上、自車だけではなく他車にも通信機がなければ成立しない。ほとんどの車両に通信機が載って初めて真価を発揮する。逆にいえば、普及の初期段階では通信相手が少ないので効果を実感しにくく、初期段階では通信機の搭載費用をユーザーは払わないだろう。では誰が負担するのか。長年議論されてきた問題だが、誰も答えを出せていない。

 2013年10月、ホンダと携帯端末向けプロセサ大手の米Qualcomm社がそれぞれ、スマートフォンを活用してこれまでの問題を解決しようとする技術を提案した。ともにユーザーが車内に持ち込んだスマートフォンの通信機能を使って車車間通信を実現することを狙う。既にスマートフォンを持つユーザーならば追加コストは基本的にゼロ。その上、簡単に持ち運べるので新車だけではなく既存の車両にも車車間通信を適用しやすくなる。スマートフォンの著しい普及の度合いを考えると、負担の議論そのものが無用になるだろう。

ここから先は日経Automotive購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経Automotive 定期購読キャンペーン 3大特典をプレゼント!