• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材基礎から分かる安全機器 > 第9回:セーフティ・レーザスキャナとは

基礎から分かる安全機器

第9回:セーフティ・レーザスキャナとは

  • IDEC セーフティテック エキスパートチーム
  • 2013/06/27 00:00
  • 1/5ページ
図1●セーフティ・レーザスキャナの例

 セーフティ・レーザスキャナは、生産現場において人やワークなどが近づいたことを検出するための安全機器です(図1)。検出対象が警告領域(図2の黄色の領域)に進入すると、警告用の信号を発し、セーフティ・レーザスキャナに接続されているブザーの音や表示灯の光を通じて人に注意を促します。さらに、防護領域(近づくと危険と判断される領域)まで近づくと、それまで機械の稼働を許可していた出力信号をオフにして、機械を停止させます。

図2●警告領域と防護領域
[画像のクリックで拡大表示]

 セーフティ・レーザスキャナによっていったん機械を停止させると、検出対象が防護領域内にとどまっている間は、機械の稼働を許可する信号もオフの状態を維持します。従って、検出対象が防護領域の外に出ない限り、機械は再起動しません。

 警告領域の設定には自由度があり、複数の場所を警告領域として設定することや、警告領域を全く設けないことも可能です。

【技術者塾】(6/15,7/7開催)
トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践


PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。QCストーリーは、トヨタ自動車およびトヨタグループをはじめ、多くの企業で活用されている手法です。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月15日 / 2016年7月7日
会場 : Learning Square新橋 / リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ