半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
梅田 浩司=ルネサスエレクトロニクス
2013/08/01 14:55
印刷用ページ

酸化

 酸化とは、物質に酸素あるいは酸素を含む気体と熱を供給して、酸化物を形成することと定義できます。

 最初にトランジスタが開発されたのは1947年で、このときGeが使われていました。しかし、このとき酸化膜はまだ使われていませんでした。1958年にメサ型と呼ばれるトランジスタが開発されました。このトランジスタは拡散接合が用いられていましたが、拡散接合を作製するマスクとして、シリコン酸化膜が使われていました。しかし、できあがったメサ型トランジスタには、酸化膜は使われませんでした。その理由は後で説明しますが、当時の不純物制御技術が十分ではなく、現在当然のことが当時ではまったく分かっていなかったことに由来していました。

 1962年に現在の形のMOSトランジスタが開発されています。この時代に酸化膜に関する多くの発見、研究がなされ、現在も基本的には当時の理論が利用されています。その意味で、酸化技術は非常に理論的であり安定しています。この技術のおかげで、シリコン半導体は発展できたと言っても過言ではないと考えられます。

出典:「半導体プロセス教本」第1章、第2章 (発行 SEMIジャパン、編集 SEMI FORUM JAPANプログラム委員会、監修 出水清史、2012年9月第五版より) 

ルネサス エレクトロニクス株式会社
梅田浩司
生産本部 プロセス技術統括部 プロセス成膜技術部
ゲートモジュール開発課 主任技師

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング