技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

続編・新製品開発プロジェクトリーダー養成講座

米野 正博=技術コンサルタント (本講座の紹介文は、日経エレクトロニクスが執筆)
2013/02/22 00:00
印刷用ページ

 「新製品開発プロジェクトリーダー養成講座」と題したコラムを、2012年9~10月にかけて6回に分けてTech-On!で連載した(以前の連載)。このコラムでは、主に工業メーカーに部品や半製品を納入しようとする製造企業を対象に、新製品や新技術の開発を手助けすることを目的とした、開発プロジェクトの運営や管理方法などを紹介した。ただし、新製品開発プロジェクト全体の流れの中から、いくつかを抜粋して掲載する形であった。

 今回の連載では、前回紹介できなかった重要ポイントとして、開発プロジェクトを始めるに当たって検討すべき事項、そして開発プロジェクトを終結させる際に求められる事項を紹介する。前回の連載と合わせて読むことで、新製品開発プロジェクト全体をより詳しく把握していただけるであろう。著者は前回の連載と同様、技術コンサルタントの米野正博氏である。

Contents

米野 正博
技術コンサルタント
米野 正博 1947年山形県生まれ。上智大学機械工学科卒。ハートフォード大(米国)MBA.工学博士(東京工業大学)米国ロックタイト社(米国コネチカット州)、ヨーロッパ研究所(アイルランド)勤務を経て、1990年より日本ロックタイト社研究開発所長、会社合併により2002年より2007年までヘンケルテクノロジーセンター、ゼネラルマネジャー。2007年から2009年まで近畿大学客員教授。ロックタイト、ヘンケル社勤務中、自動車、エレクトロニクス、一般産業分野向け高分子材料(接着剤、シール剤など)の新製品開発プロジェクトのマネジメントに従事。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング