• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材スイッチの基礎を学ぶ > 第11回:スイッチの選定・使用のポイント(2)

スイッチの基礎を学ぶ

第11回:スイッチの選定・使用のポイント(2)

  • オムロンスイッチアンドデバイス 技術情報チーム
  • 2013/02/04 00:00
  • 1/5ページ

 前回は、電気的な側面からスイッチの選定・使用のポイントを解説しました。今回は、機械的な側面を取り上げていきます。主なポイントは、F-S特性(後述)、操作速度、振動・衝撃、ストローク、保護構造の5つです。

1.F-S特性

 Fはスイッチの操作力(Force)、Sは操作量(Stroke)を表します。スイッチでは、操作部(アクチュエータ)を自由位置(FP)から動作限度位置(TTP)に押し込んだとき、および反対方向に戻したときの両方で、操作力と操作量の関係(F-S特性)が重要になります。F-S特性は、スイッチの種類によって異なります。

 図1に、スナップアクション機構を持つマイクロスイッチの特性を示しました(マイクロスイッチについては第2回を参照)。マイクロスイッチでは、可動ばねが反転/復帰する動きによってオン/オフを切り替えているため、切り替わる瞬間に操作力が大きく変動します(図2)。具体的には、オンになるときは可動ばねが反転するので操作力が急激に減少し、オフになるときは可動ばねが復帰するので操作力が急激に増加します。

図1●F-S特性
[画像のクリックで拡大表示]
図2●マイクロスイッチの構造
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、このマイクロスイッチを用いて物体が所定の位置にある(または移動した)ことを検出する場合、物体によって操作部が押し込まれ、動作位置(OP)に到達した瞬間にスイッチはオンに切り替わります(図1の動作1)。このとき、実際に物体が存在する位置とスイッチがオンになる位置(動作位置、OP)をそろえることが重要なので、あらかじめスイッチと物体の位置を調整しておかなければなりません。その場合、スイッチをオンにするための操作量(PT)が長いスイッチほど調整範囲を広く取れるので簡単に調整できます。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓