• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材スイッチの基礎を学ぶ > 第8回:ロッカースイッチの基礎

スイッチの基礎を学ぶ

第8回:ロッカースイッチの基礎

  • オムロンスイッチアンドデバイス 技術情報チーム
  • 2012/10/05 00:00
  • 1/3ページ

 今回は、民生用や業務用機器において主電源のオン/オフに使われるロッカースイッチを紹介します(図1)。

図1●ロッカースイッチ

ロッカースイッチの定義

 ロッカースイッチは、操作ボタンの両端をシーソーのように交互に押すことで電気回路の接続/遮断を行うスイッチです。機器の主電源をオン/オフする用途に多く使われています。操作ボタンの動きが上下に揺れるように見えるので、英語で「揺れる」を意味する“rock”からロッカースイッチと呼ばれています。より直截的にシーソースイッチと呼ばれることもあります。

 ロッカースイッチの製品ラインアップは、開閉できる電流値や回路数、外形サイズなどによってさまざまな種類が用意されています。シール機能やリセット機能を持つタイプもあります。

【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ