機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

第8回:ロッカースイッチの基礎

オムロンスイッチアンドデバイス 技術情報チーム
2012/10/05 00:00
印刷用ページ

 今回は、民生用や業務用機器において主電源のオン/オフに使われるロッカースイッチを紹介します(図1)。

図1●ロッカースイッチ

ロッカースイッチの定義

 ロッカースイッチは、操作ボタンの両端をシーソーのように交互に押すことで電気回路の接続/遮断を行うスイッチです。機器の主電源をオン/オフする用途に多く使われています。操作ボタンの動きが上下に揺れるように見えるので、英語で「揺れる」を意味する“rock”からロッカースイッチと呼ばれています。より直截的にシーソースイッチと呼ばれることもあります。

 ロッカースイッチの製品ラインアップは、開閉できる電流値や回路数、外形サイズなどによってさまざまな種類が用意されています。シール機能やリセット機能を持つタイプもあります。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

NEXT特徴

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング