技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第5回:リターンマップで、プロジェクトの成功度を評価

米野正博=技術コンサルタント
2012/10/22 00:00
印刷用ページ

 プロジェクトの開始とともに、プロジェクトリーダーはプロジェクトの進捗状況を定期的に、できればリアルタイムでモニターしなければなりません。同時に、プロジェクト全体を経営的視点から把握する責任があります。会社幹部はプロジェクトに対して、以下のような経営上の関心を持っています。

 ①開発された新製品の売上と利益
 ②開発プロジェクトへの投資額
 ③開発にかかる時間
 ④損益分岐点に達する時間
 ⑤プロジェクトの管理状態
 ⑥サプライズ(驚き:リスクとなる突然のプラン変更など)はないか(リスク管理は十分か)

 中でも③と④はプロジェクトの収益性にかかわる重要な管理事項と考えられます。損益分岐点への到達時間が長いということは、プロジェクトへの投資の回収が遅れることになり、会社の財務を圧迫する要因となります。ここで、プロジェクトの進捗、収益性、損益分岐点への到達などを管理する手法として、米Hewlett-Packard社(以下、HP社)の電卓開発プロジェクトのリターンマップを紹介します。

 リターンマップは、X軸に時間(月ベース)を、Y軸には対数目盛で金額が示されています。対数目盛にしているのは、売上と投資の比率が100以上になるためです。小規模なプロジェクトでは、対数目盛を使う必要はないでしょう。ここで金額は累積額であることに注意してください。時間軸では、調査(フィージビリティー、プロジェクト提案)、開発(プロジェクトの実行時期)そして製造販売(製造開始)の三つのフェーズに区分されています。開発プロジェクトの終了は製造開始(Manufacturing Release: MR)の時点です。

 電卓プロジェクトにおいて、調査フェーズは4カ月を要し、コストは40万米ドルとなっています。開発プロジェクトには、12カ月と450万米ドル(約4億5000万円)を要しています。したがって、調査から開発を終了し製造開始までの時間は、16カ月、コストは490万米ドルとなります。製品の販売が開始されると(MRの時点)売上が確実に増加し、販売開始初年度の売り上げは5600万米ドルとなり、利益も着実に増加しているのがわかります。リターンマップでは、時間経過とともに、開発プロジェクトの投資と収益が一目で分かるようになります。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング