• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント新製品開発プロジェクトリーダー養成講座 > 第3回:初期検討の重要性、求められる詳細かつ綿密なプラン

新製品開発プロジェクトリーダー養成講座

第3回:初期検討の重要性、求められる詳細かつ綿密なプラン

  • 米野正博=技術コンサルタント
  • 2012/10/08 00:00
  • 1/2ページ

 プロジェクトリーダーは、プロジェクトプラン作成に取り掛かることになりますが、ここで重要なことは、この初期の計画段階でできるだけ詳細かつ綿密なプランの検討、議論をすることです。初期検討の充実度がプロジェクト全体の成功を左右すると言われています。これは「フェイガンの法則」と呼ばれ、IBM社のM、フェイガン氏によってソフトウエアの開発プロジェクトについて提唱された考えた方で、「初期の入念な検査が、プロジェクトの信頼性、品質、生産性を向上させる」というものです。

 例えば、プロジェクトのプラン段階では、変更、修正などが30分で済みますが、プロジェクト中盤になると、数週間かかるといった状況となり、プランが大幅に遅れるといった事態が発生します。つまりプロジェクトが進行した段階ほど、変更、修正のための時間とコストが増大することになります。さらに、プロジェクトのプランが突然、変更になると、メンバー間にストレス、不満、不信感などが発生し、プロジェクトの達成に大きな影響を及ぼすことになります。このようにプロジェクトの予期せぬ変更や修正をなくすために、事前の入念な検討が必要なのです。

 当然のことながら、この検討はプロジェクトメンバー全員でなされるべきであり、同時にメンバーのプロジェクト理解度、コミュニケーションが向上するというメリットがあります。さらにこの事前の検討は、将来のリスク・マネジメントにも非常に有効です。

 プロジェクトの開始段階で、個別または複数でのミーティングを開き、メンバーと以下のような点について詳細な検討をすべきです。

—目的の達成難易度
—スケジュールの妥当性、実行性
—各タスクの難易度
—マンパワー、コスト配分の妥当性
—予測されるリスク

 特に想定されるリスクについては、リスク分析、リスク・マネジメントの観点から、入念な検討が必要です。

 タスクとは、プロジェクトメンバーが担当する個々の業務のことで、大まかに3~10日位の業務単位と考えられます。例としては開発仕様に基づいた試験とその報告、品質規格作成などがあげられます。初期段階で、各タスクの難易度、リスクなどを検証することプロジェクト成功のカギとなります。

キックオフ・ミーティングで責任を自覚

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓