技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第3回:初期検討の重要性、求められる詳細かつ綿密なプラン

米野正博=技術コンサルタント
2012/10/08 00:00
印刷用ページ

 プロジェクトリーダーは、プロジェクトプラン作成に取り掛かることになりますが、ここで重要なことは、この初期の計画段階でできるだけ詳細かつ綿密なプランの検討、議論をすることです。初期検討の充実度がプロジェクト全体の成功を左右すると言われています。これは「フェイガンの法則」と呼ばれ、IBM社のM、フェイガン氏によってソフトウエアの開発プロジェクトについて提唱された考えた方で、「初期の入念な検査が、プロジェクトの信頼性、品質、生産性を向上させる」というものです。

 例えば、プロジェクトのプラン段階では、変更、修正などが30分で済みますが、プロジェクト中盤になると、数週間かかるといった状況となり、プランが大幅に遅れるといった事態が発生します。つまりプロジェクトが進行した段階ほど、変更、修正のための時間とコストが増大することになります。さらに、プロジェクトのプランが突然、変更になると、メンバー間にストレス、不満、不信感などが発生し、プロジェクトの達成に大きな影響を及ぼすことになります。このようにプロジェクトの予期せぬ変更や修正をなくすために、事前の入念な検討が必要なのです。

 当然のことながら、この検討はプロジェクトメンバー全員でなされるべきであり、同時にメンバーのプロジェクト理解度、コミュニケーションが向上するというメリットがあります。さらにこの事前の検討は、将来のリスク・マネジメントにも非常に有効です。

 プロジェクトの開始段階で、個別または複数でのミーティングを開き、メンバーと以下のような点について詳細な検討をすべきです。

—目的の達成難易度
—スケジュールの妥当性、実行性
—各タスクの難易度
—マンパワー、コスト配分の妥当性
—予測されるリスク

 特に想定されるリスクについては、リスク分析、リスク・マネジメントの観点から、入念な検討が必要です。

 タスクとは、プロジェクトメンバーが担当する個々の業務のことで、大まかに3~10日位の業務単位と考えられます。例としては開発仕様に基づいた試験とその報告、品質規格作成などがあげられます。初期段階で、各タスクの難易度、リスクなどを検証することプロジェクト成功のカギとなります。

キックオフ・ミーティングで責任を自覚

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング