技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第1回:開発プロジェクトは、フィージビリティー承認から始まる

米野正博=技術コンサルタント
2012/09/26 00:00
印刷用ページ

 提案されたアイデアは、フィージビリティーの評価を経て、プロジェクト提案へと進みます。開発評価委員会に承認されたプロジェクト提案は、正式に新製品開発プロジェクトとして発足し、プロジェクトリーダーが選任されます。

 プロジェクト開始と同時に、新たに選任されたプロジェクトリーダーを中心として、プランに基づき、目的達成のためメンバーが担当業務を遂行することになります。プロジェクト開始後は、PCDA (Plan-Do-Check-Act)を繰り返し、プロジェクトを進行します。本稿における新製品開発プロジェクトでは、基本的に顧客との共同開発を前提としているため、顧客による新製品共同開発の承認が重要な節目となります。新製品の試作品を顧客に提出し、承認を得た段階で、直ちに製造開始のための製造手順書、品質規格などの書類準備、製造部門との打ち合わせが開始されます。

 当初、営業、設計などから提出されたニーズ開発提案に対して、その提案が会社の経営戦略、技術力などに合致しているか、第一次の審査を行います。この初期審査は、営業、技術、製造などを担当する会社幹部によって構成された開発評価委員会または経営幹部会により行われます。これをフィージビリティー評価と言います。ここでは、その提案が、

—会社の経営方針にのっとり業績向上に寄与するか。
—現在の技術、社内体制で達成可能か
—開発コストを提供できるか
—開発のリスクはなにか

 など会社の経営戦略、業務内容、技術力などの観点から、大枠での検討を行い、可否を決定します。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング