機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

第2回:マイクロスイッチの基礎

オムロンスイッチアンドデバイス 技術情報チーム
2012/04/02 15:00
印刷用ページ

 前回は、いろいろなスイッチを構造や使用目的で分類しました。今回は、その中で検出用スイッチの代表格といえるマイクロスイッチを紹介します(図1)。マイクロスイッチは目的別の分類では検出用スイッチに分類されますが、操作用スイッチとして使われることもあります。サイズも大小さまざまな製品がそろっており、多様な機器に搭載されます。

図1●マイクロスイッチ

マイクロスイッチの定義

 マイクロスイッチは、日本電気制御機器工業会(NECA)によって以下のように定義されています。

微小な接点間隔とスナップアクション機構を持ち、規定された動きと規定された力で開閉動作する接点機構がケースで覆われ、その外部にアクチュエータを備え、小形に作られたスイッチ

 スナップアクション機構とは、操作速度とほぼ無関係に特定の操作位置で瞬時に接点が切り替わるメカ機構です。この機構を用いて、決められた動きと力によって動作するのがマイクロスイッチです。

NEXT特徴

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング