• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > プリント基板におけるEMC適正化設計

プリント基板におけるEMC適正化設計

多くの電子機器で回路の高速化が進み,EMC(電磁環境適合性)への対応が難しくなっている。設計・開発の中盤に差し掛かってから対応を考えていたのでは,技術的にもコスト的にも実現は困難だ。EMC設計の要となるプリント基板の設計はどのように進めるべきか,4回にわたって解説する。

橋本新氏
ソーワコーポレーション 開発技術部長。1987年ソーワコーポレーション入社。放送用機器,民生用機器等様々な分野の軽薄短小のプリント回路設計を担当。近年はシミュレーションを併用したフロアプラン重視のEMC適正化設計を主導。2006年より現職。特級プリント配線板製造技能士。
浦田春茂氏
ソーワコーポレーション 開発技術部開発課 技師。1963年沖電気工業入社。テレビ・スタジオ機器,光伝送機器等の開発設計,1993年三英社製作所に移り配電自動化機器等の開発設計,2002年ソーワコーポレーションに移り,EMC適正化設計の教育ならびにコンサルティングに従事。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓