• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > プリント基板におけるEMC適正化設計

プリント基板におけるEMC適正化設計

多くの電子機器で回路の高速化が進み,EMC(電磁環境適合性)への対応が難しくなっている。設計・開発の中盤に差し掛かってから対応を考えていたのでは,技術的にもコスト的にも実現は困難だ。EMC設計の要となるプリント基板の設計はどのように進めるべきか,4回にわたって解説する。

橋本新氏
ソーワコーポレーション 開発技術部長。1987年ソーワコーポレーション入社。放送用機器,民生用機器等様々な分野の軽薄短小のプリント回路設計を担当。近年はシミュレーションを併用したフロアプラン重視のEMC適正化設計を主導。2006年より現職。特級プリント配線板製造技能士。
浦田春茂氏
ソーワコーポレーション 開発技術部開発課 技師。1963年沖電気工業入社。テレビ・スタジオ機器,光伝送機器等の開発設計,1993年三英社製作所に移り配電自動化機器等の開発設計,2002年ソーワコーポレーションに移り,EMC適正化設計の教育ならびにコンサルティングに従事。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓