• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 無線回路の消費電力の低減に一役,「ポーラ変調」技術

無線回路の消費電力の低減に一役,「ポーラ変調」技術

ポーラ変調は,パワー・アンプを飽和動作させながら信号を振幅変調する技術である。パワー・アンプに高い線形性を要求する必要がないため,消費電力の低減が期待できる。ここでは,線形な増幅回路が必要となる理由や,ポーラ変調の概要,ポーラ変調における振幅/位相の制御データの算出,実際に市販されているチップの回路構成,ポーラ変調の関連技術,これからの課題などを述べる。

上野 伴希
オフィスウワノ技術コンサルティング
1948年生まれ。1971年に,東京工業大学電子工学科を卒業し松下電器産業に入社。2006年,オフィスウワノ技術コンサルティングを設立。著書に,『試作で学ぶ高周波フィルタの設計法』『無線機RF回路実用設計ガイド』などがある。工学博士。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓