• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 車載デジタルクラスタにおけるメモリ設計のポイント

車載デジタルクラスタにおけるメモリ設計のポイント

自動車のクラスタ(メータやスイッチなどが集まっている場所)は、車速や燃料の残量、エンジンの状態などの基本情報を車載ディスプレイに表示することに加えて、車載カメラやレーダなどからの車外のデータを表示できる「デジタルクラスタ」と呼べる装置に進化している。本稿では車載のクラスタに関わる設計者に向けて、デジタルクラスタをどう開発するべきなのか、中でもメモリをどう扱えばよいのかを解説する。

木谷真
日本スパンション セグメント・マーケティング
Ken Perdue
米Spansion Field Application Engineer

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ