• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 車載デジタルクラスタにおけるメモリ設計のポイント

車載デジタルクラスタにおけるメモリ設計のポイント

自動車のクラスタ(メータやスイッチなどが集まっている場所)は、車速や燃料の残量、エンジンの状態などの基本情報を車載ディスプレイに表示することに加えて、車載カメラやレーダなどからの車外のデータを表示できる「デジタルクラスタ」と呼べる装置に進化している。本稿では車載のクラスタに関わる設計者に向けて、デジタルクラスタをどう開発するべきなのか、中でもメモリをどう扱えばよいのかを解説する。

木谷真
日本スパンション セグメント・マーケティング
Ken Perdue
米Spansion Field Application Engineer

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ