• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 今さら聞けないA-D変換の要点

今さら聞けないA-D変換の要点

 中・低速分野のA-D変換は,ΔΣ型が今後の主流になる これまで逐次比較型A-D変換器を使っていた機器が最近,性能向上が著しいΔΣ型に置き換わりつつある。ところが,機器設計者からは「動作原理が分からないのでΔΣ型の採用をためらっている」という声がある。本連載では,そんな設計者に向けてA-D変換器の仕組みを体系的に紹介する。

中村 黄三
日本テキサス・インスツルメンツ
アプリケーション技術部
エンジニアリング・エキスパート
(所属・肩書きは記事執筆当時)
1965年,東海電波高等学校(現・東海大学付属高輪台高等学校)電子科を卒業後に,東海大学 第二工学部へ入学。1969年,同学部を中退後,医療用計測器メーカーにて心電計や血圧計などの設計に従事。1986年に日本バーEブラウンへ入社,工業用リニアICのアプリケーション・エンジニアリング 課長。2001年,日本テキサス・インスツルメンツとの合併により同職種で編入。2004年に部長に就任し,2007年に定年退職。その後,同社とプロフェッショナル契約を結び,講演などを担当している。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓