• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり事故から学ぶ材料力学 > 第8回:たわみに強い断面形状は

事故から学ぶ材料力学

第8回:たわみに強い断面形状は

  • 沢 俊行=広島大学
  • 2010/04/16 00:00
  • 1/9ページ
今回のポイント
●断面積一定で,梁のたわみを抑える
●たわみ一定で,梁の断面積を減らす
●鋼をアルミにそのまま置き換えたら,たわみは3倍に

 前回の復習を兼ね,今回はまず実践的な問題から始めます。

 図1(a)は,たびたび引き合いに出す,土砂崩れを防ぐための鋼製の「矢板(鋼矢板)」。そこに,長さℓ が10.8mの「腹起こし」と呼ぶ補強材が水平に巻き付けられています。材料は「H」字型の断面を持つ「H型鋼」で,ここに鋼矢板を介して作用する土圧は等分布荷重w(=3.48×103N/m)と仮定します。さて,問題。この腹起こしの断面が,(1)「H」字型に見えるように取り付ける〔図1(b)〕(2)90°回転させ「I」字型に見えるように取り付ける〔図1(c)〕──二つのケースでは,どちらの方がはりに作用する曲げ応力は小さくなるか。

図1 土砂崩れを防ぐ鋼矢板
(a)補強材としてH型鋼を水平に取り付ける。(b)「H」字型に見えるように取り付ける場合と,(c)「I」字型に見えるように取り付ける場合で,補強材に作用する曲げ応力が小さくなるのはどちらか。
[画像のクリックで拡大表示]

 考えていただけたでしょうか。要は,(1)と(2)では断面係数Zが異なり,それによって曲げ応力が違ってくるのです。正解を見ていきましょう。

 曲げ応力は次式(1)で計算します。

 最大曲げモーメント(Mxmaxが必要ですが,これは第6回で求めた式(23)の値を利用しましょう1)。等分布荷重wが作用する両端支持の梁の場合には,その大きさは

参考文献
1)沢,「材料力学マンダラ」,『日経ものづくり』,2005年9月号,pp.134-139.

でした。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓