• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり事故から学ぶ材料力学 > 第4回:ねじりを知れば軽量化できる

事故から学ぶ材料力学

第4回:ねじりを知れば軽量化できる

  • 沢 俊行=広島大学
  • 2010/04/12 00:00
  • 1/5ページ
今回のポイント
●後を絶たない,ねじりが原因のシャフトの破損
●ねじり荷重を受けた軸の横断面の応力分布は一様にあらず
●軸の太さが変化する部分では,応力集中に注意が必要

 材料力学で案外盲点となっているのが「ねじり」。引っ張り,圧縮,曲げは勉強したけど,ねじりはちょっと…,という方が意外に多いのです。その一方で現実の世界では,ねじりの問題がそこここにある。典型が,モータを使うような動力系。トルクを伝える軸は,このねじりの問題から逃れることはできません。

 しかも,ねじりに起因する事故は結構頻繁に起きている。このことは,重要な事実。例えば,海の上ではかつて,こんな事故がありました。

 両舷りょうげんの船胴にディーゼル機関を1基ずつ装備していた双胴型軽合金製旅客船が,寄港先で着岸操船をしていたとき,乗組員はいつもより大きな振動を感じた。すると見る見る,右舷のディーゼル機関の排気管から白煙が激しく噴き出してきたといいます。

 その後,原因を調べてみると,燃料ポンプのポンプ側ギアカップリング部で,駆動軸と内筒のテーパ部に著しい肌荒れが生じていた。さらに駆動軸のキーの部分では,半月キーがせん断力で折損し,駆動軸側のキー溝には亀裂が発生していたのです。

 このケースのように,駆動軸のキーに絡んだ事故は多い。後に詳しく触れますが,キーの設計は非常に重要なポイントです。

 さらに,ある造船所で,試験運転中の発電機のタービンロータが破裂し,多くの死傷者を出したことがあります。タービンロータは高速で回転しているため,その破壊の威力はすさまじく,破片は1500m先まで飛んだと聞いています。そして,その破面には,疲労破壊を示すシェルマークが。人身事故の原因は,回転振動による疲労だったんですね。

 今回のテーマはねじり。見落とされがちな問題だけに,正面突破を図ります。ねじりによる疲労や振動はいずれ取り上げるとしまして,まずは基本の復習から。

こんなに違う中実丸棒と中空丸棒

 ねじり荷重と,引っ張り荷重や圧縮荷重との大きな違いは,横断面内の応力分布にある。引っ張り荷重や圧縮荷重の場合は厳密には異なるものの一様と仮定できましたが,ねじり荷重の場合にはそうはいきません(『再入門・材料力学(基礎編)』参照)。

図1 ねじり荷重による延性材料の破断
ねじってもすぐには壊れず,何回転かする。これは,横断面内の応力分布が一様でなく,外周から降伏している証拠。

 このことは,延性材料を壊してみると実感できます。一度ねじっただけでは壊れない。クルクルと何度かねじって初めて,軸に対して約90°の面から破断します(図1)。こうした破壊形態は,ある断面において降伏が外周から始まっている証拠。そして,降伏はやがて断面全体に広がり(完全降伏し),破断に至るのです。

 ねじり荷重を受けた際に,横断面内で応力が一様でないことは式(1)に表せます。

  τ=Grθ(1)

 τはせん断応力,Gは横弾性係数*1,rは軸の半径,θは比ねじれ角(単位長さ当たりのねじれ角)。すなわち,せん断応力τは軸の半径rに比例していることが分かる(図2)。さらに,トルクTを見ておきましょう。

T=GθIp(2)

*1 材料を鋼材とすれば,右のように計算できる。なお,鋼材の縦弾性係数Eは207GPa,ポアソン比νは0.3とする。
G=E/2(1+ν)
=207/2(1+0.3)
=80GPa

図2 ねじりトルクTを受けている直径dの中実丸棒の横断面の応力分布
せん断応力は横断面では一様でなく,単位長さ当たりのねじれ角θと半径rに比例する。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓