• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり事故から学ぶ材料力学 > 第3回:安全率を高くとっても「非安全」

事故から学ぶ材料力学

第3回:安全率を高くとっても「非安全」

  • 沢 俊行=広島大学
  • 2010/04/09 00:00
  • 1/3ページ
今回のポイント
●見せます,荷重の形態や種類で異なる「応力集中」
●中でも,引っ張り荷重―圧縮荷重の組み合わせは要注意
●安全率から学べ,「非安全」という考え方

 世の中で起こる破壊現象の大半を占める疲労。それを引き起こす「応力集中」の度合いは,荷重の形態や種類により異なります。応力集中とは文字通り,応力が周囲に比べて際立って高くなる現象。安全な設計を実現する上では,非常に重要なファクターなのですが,存外,1軸の引っ張り荷重による応力集中しか目にしたことがないのでは…。ここでは引っ張り荷重と圧縮荷重を基本に,1軸と2軸の荷重形態による応力集中をすべてお見せしましょう。

 基本は,よく目にする,半径aの円孔を持つ無限板に1軸の引っ張り荷重が作用したケース。具体的には,無限板のx軸方向に一様な引っ張り応力pが作用しているケースです〔図1(a)〕。このとき,無限板の中にある,円孔の縁に発生する応力σθは,荷重作用線に対する角度θの関数になります〔図 1(b)〕。その詳しい求め方は他書に譲りますが,結果は式(1)です1)

参考文献
1)中沢ほか,『固体の強度』,共立出版,pp.29-32.

 ここで,rは円孔の中心からの距離ですから,円孔の縁の応力を求めるにはr=aとして計算します。

 この式(2)を利用し,円孔の縁の応力を順に求めていくと,次のようになります。

 θ=0° でσθ=-p

 θ=30°でσθ=0

 θ=45°でσθ=p

 θ=60°でσθ=(1+√3)p≒2.73p

 θ=90°でσθ=3p

図1 1軸の引っ張り荷重が作用した無限板の円孔の応力集中
(a)無限板のx軸方向に一様な引っ張り応力pが作用。(b)半径aの円孔の縁には応力σθが発生。(c)荷重作用線に対して直角方向の縁に最も応力が集中する。その大きさは3p。

 これらの計算結果から,1軸の引っ張り荷重が作用した無限板の半径aの円孔の場合には,荷重作用線に対して直角方向(θ=90°,-90°)の縁に最も応力が集中することが分かります〔図1(c)〕。その大きさは3p。実に断面の平均応力の3倍。やはり,孔や切り欠きなどによる応力集中は注意しなければなりません。

 なお,このケースでは,3pが最大応力σmaxとなります。

 σmax=αp=3p

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓