• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログアナログ強化塾 > 第5回:完全デジタルPLL回路「ADPLL」を学ぶ

アナログ強化塾

第5回:完全デジタルPLL回路「ADPLL」を学ぶ

  • 小林 春夫=群馬大学大学院 工学研究科、壇 徹 =三洋半導体、田邊 朋之=群馬大学大学院 工学研究科
  • 2010/04/26 00:00
  • 1/6ページ

無線通信回路の周波数シンセサイザや,マイクロプロセサの高速クロック生成回路において,必須の回路がPLLである。通常はアナログ回路で実現する。このPLLを,すべてデジタル回路で構成するという設計コンセプトが「ADPLL」だ。実際にADPLLを利用した回路の研究開発を進めている群馬大学の小林氏らが,ADPLLの意義や,構成について解説する。(日経エレクトロニクス)

 最近,回路設計においてADPLL(all digital phase-locked loop)というキーワードを聞くことが多くなってきた。ADPLLは,その名の通り,すべてをデジタル回路で構成したPLLである。特に,微細な設計ルールを用いて製造するCMOS製システムLSIに適した技術と言える。

 ADPLLは,元米Texas Instruments Inc.(TI社)のBogdan Staszewski博士によって提案された位相同期回路方式である(図1 1)

1)Staszewski,R.,Balsara,P. All-Digital Frequency Synthesizer a Deep-Submicron CMOS. Wiley Interscience. 2006.

図1 ADPLL回路
図1 ADPLL回路
ADPLLは,従来のアナログPLLで用いていたPFDをTDCに,VCOをDCOに,アナログ・フィルタをデジタル演算に置き換えている。

 無線通信回路の周波数シンセサイザにおけるキー・テクノロジーであることなどから,各国の大学や企業で活発に研究が進んでいる。これまでも「デジタルPLL」と呼ばれるものがあったが,実際にはかなりアナログ回路が残っていた(図2)。

図2 従来のPLL回路
図2 従来のPLL回路
これまではアナログ制御のPLLや,一部(プログラマブル分周器など)だけデジタル制御にしたデジタルPLLなどがあった。

 ADPLLの研究開発には,PLL回路技術に加えてデジタル信号を処理する知識が不可欠である。また,ADPLLの設計思想は,システムLSI内部のほかのアナログRF回路の設計にも示唆を与えるものである。

 PLL回路を専門としている日本人の技術者や研究者の方に聞くと,「ADPLLは今後必要な技術だが,直近の仕事で手いっぱいで,なかなか着手できない」という声が多い。このため,ADPLLへの理解が不十分で,自社で取り組む余裕がないことから設計会社に開発を委託する,といった例が多いという。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓