• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス基本から学ぶEMC実践技術 > 製品開発に利用するEMC関連技術を解説した書

基本から学ぶEMC実践技術

製品開発に利用するEMC関連技術を解説した書

  • 櫻井 秋久=日本IBM
  • 2009/06/04 00:00
  • 1/1ページ
EMC設計技術は複数の専門領域にまたがっており,しっかり学ぶためには良書によるガイドが必要です。ただ,設計者にとっては領域が広すぎると感じる書籍が多く,選択に悩むことが少なくありません。ここでは,まずプリント基板設計やデジタル回路設計などを担当する設計者に向けた書籍について,自費出版の名著を交えながら紹介します。さらに,基本からしっかり身に付けられるEMCの専門書や雑誌を示します。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓