• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス基本から学ぶEMC実践技術 > 測定のトラブルシューティング事例(1)評価技術を通してEMCの理解を深める

基本から学ぶEMC実践技術

測定のトラブルシューティング事例(1)評価技術を通してEMCの理解を深める

  • 大森 俊道=インターテック ジャパン
  • 2009/05/22 00:00
  • 1/1ページ
EMCを難しいものにしている要因の一つが,評価/測定技術だろう。機器の動作や測定条件などによって,電磁雑音の放射強度はかなり変化する。EMIの規格では,測定値は常に「再現可能な最大値」でなければならないと規定しており,重大な見落としがあれば,その責任は自分にのしかかってくる。技術者が実際に陥りやすい問題事例を挙げながら,評価の目的や測定の基本技術を解説する。同時に,設計と評価の連携が重要になることを示す。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓