アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

設計のツボ,デジタル-アナログ境界技術(1) 信号伝送から雑音,EMI,回路まで

山田 隆章=技術コンサルタント
2009/01/27 13:00
出典:日経エレクトロニクス 「NEプラス」、2007年7月2日号 、p.P30 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
機器開発の現場には,トラブルにつながる危険地帯がいくつもあります。間違った通説に惑わされず危険地帯に確かな道をつけ,避けてしまいがちな難問を付加価値や利益の源に変えるのは,基本的な原理を基に問題を理解し,そして設計できる力です。筆者が大手家電メーカーの研修や大学で教えてきた講義内容から,チップ間接続技術やデジ‐アナ混載LSIのノイズ,EMI(電磁妨害),CMOSアナログ回路など重要なデジタル‐アナログ境界技術を解説します。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング