アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

新世代アナログを機器/LSI設計に役立てる(1) 新世代アナログの全体像を把握する

松澤 昭=東京工業大学大学院
2009/01/27 13:00
出典:日経エレクトロニクス 「NEプラス」、2007年7月2日号 、pp.P22-P23 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
電子機器に求められる回路技術は,1990年代半ばに大きく変わった。アナログ技術はデジタル機器のためのアナログ技術に変化した。機器の高速/低電圧化に伴い,波形劣化,雑音輻射,電圧制御など,デジタル機器におけるアナログ的な課題も目立つようになってきた。デジタルとアナログの両方の技術に立脚した新世代アナログ技術を,自由に操れる設計者が求められている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング