有機エレクトロニクス 機器を劇的に薄く、軽く、柔らかくするコア技術
 

高いダイヤより安いガラス、非晶質の有機半導体を追求

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2014/06/15 00:00
印刷用ページ
 
最近、有機EL技術が急速に進展した背景には、有機半導体材料についての知見が深まると同時に、解析技術の精度が飛躍的に向上し、シミュレーション技術がやはり大幅に進展したことがある。京都大学 化学研究所 分子材料化学研究領域 教授の梶弘典氏の研究室は、九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)と共同で、熱活性化遅延蛍光(TADF)材料の解析などを進めている。最近の有機半導体材料の解析技術にはどのような手法があるのか。梶氏に、研究の方向性と有機材料の可能性について聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾