• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMESocial Device > スマホとつながるためにIoTには無線LANかBluetoothが必要

スマホとつながるためにIoTには無線LANかBluetoothが必要

米Broadcom社、Wireless Connectivity Group、Embedded Wireless Business、SR. DirectorのBrian G. Bedrosian氏
同グループ、Embedded WLAN、Director of MarketingのJeff Baer氏

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/18 14:40
  • 1/1ページ
大手半導体企業である米Broadcom社はスマートフォン(スマホ)の次のターゲットとして、IoT(internet of things)機器に的を絞り始めた。IoTとは、白物家電や医療機器、腕時計、ペンダントなどこれまで、インターネットにつながっていなかった“モノ”をインターネットにつなげることを指す。この分野を攻略するための切り札として投入するのが、WICED(Wireless Internet Connectivity for Embedded Devices)と名付けた製品群だ。無線LANまたはBluetooth SMARTを搭載した無線通信チップを中心に、開発キットやTCP/IPのプロトコル・スタック、サンプル・アプリケーションなどを提供する。特にWICED対応の無線LANチップについて、来日した同社 Wireless Connectivity Group、Embedded Wireless Business、SR. DirectorのBrian G. Bedrosian氏と、同グループ、Embedded WLAN、Director of MarketingのJeff Baer氏に話を聞いた。

おすすめ