• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【深セン・香港企業のタッチ・パネル戦略(2)天馬】インセル技術の開発に注力

【深セン・香港企業のタッチ・パネル戦略(2)天馬】インセル技術の開発に注力

中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団) Jimmy Lu氏(Greater China Industrial, GCI1, Sales Manager)

  • 田中 直樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/04/04 14:11
  • 1/2ページ

中国・深セン地域で生産が盛んなタッチ・パネルの関連企業に聞くインタビューの2回目。今回は、深センなどに工場を持つ代表的な液晶パネル・メーカーであり、5月23~25日に深センで開催される「Touch China 2013(第6回深セン国際タッチパネル技術展)」(主催:中国通信工業協会、中瑞会展、日経BP社)の出展者の一つである「中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団)」を紹介する。同社はモバイル機器向けに中小型TFT液晶パネルを生産しており、最近は有機ELパネルの開発も積極的に進めている。今回の展示会には、安定性の高い静電容量式タッチ・パネルを重点的に展示する。モバイル機器のディスプレイまわりで不可欠になってきたタッチ・パネルについては、どう取り組むのか。同社に考え方を聞いた。(聞き手は、田中 直樹=日経エレクトロニクス)

中国Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団) Jimmy Lu氏(Greater China Industrial, GCI1, Sales Manager)
[画像のクリックで拡大表示]

――天馬微電子集団のタッチ・パネルへの取り組みについて教えてください。

 二つの事業領域があります。一つは、民生用途です。携帯機器などの用途に向けて、液晶パネルにタッチ入力機能を組み込む、インセル技術の研究開発に注力しています。開発の中心拠点は上海です。アモイにも拠点を持っています。もう一つの事業領域は、専門用途です。車載機器、産業機器、医療・介護機器、教育機器などの用途を対象にしています。拠点は深センで、ITOガラスを2枚使う従来の「G+G」方式の静電容量方式タッチ・パネルを生産しています。

――民生用途では、なぜインセルに注力することにしたのですか。また、インセルの量産化時期は。

 量産化の計画など詳細については言えませんが、低温多結晶Si(LTPS)技術を使って、液晶パネルの高精細化に対応し、さらにタッチ入力機能を組み込んでいくのは、液晶パネル業界全体のトレンドです。インセルは、携帯機器のディスプレイまわりを薄く、軽く、安価にできる技術です。今後、インセルは本格的に実用化が進み、普及していくでしょう。われわれも、1~2年前から研究開発に力を入れています。液晶パネルだけではなく有機ELパネルにも、インセルが使われるようになるでしょう。歩留まりの課題は、短期間で解決するのは難しいと思いますが、必ず解決できると見ています。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓