エネルギー
 

【インタビュー】「EVの発火事故はキャパシタで防ぐ」、元パナソニックの西野氏に聞いた

西野技術士事務所 所長の西野敦氏

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/07/20 01:00
印刷用ページ
 大容量のキャパシタに対する期待が高まっている。現在、蓄電デバイスとしてはLiイオン2次電池を開発する企業が目立つが、実は用途によっては出力特性や充放電サイクル寿命に限界がある。安全面を不安視する声もある。  キャパシタの中でも開発の歴史が長いのが電気2重層キャパシタ(EDLC)だ。EDLCの業界動向について、かつてパナソニックでEDLCの開発を進め、現在はキャパシタ・メーカーのコンサルタントを務める西野敦氏(西野技術士事務所 所長)に話を聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング